EV充電器の普及 精密板金加工!

政府は、温室効果ガスの排出量を削減するため国内販売されるすべての新車を35年までに電動車にするとの目標がある。

さてその普及推進のために重要なポイントこそが電気自動車用の充電器設備ではないでしょうか。

東京電力HDは全国の高速道路会社と提携し、車体と充電器を接続する部分の数を400口から25年までに1000口に増やすと(読売新聞より)

普段から高速道路をよく利用していますがサービスエリアにEV用の充電器設備があることさえ気づいていなかったです。

個人的にも電気自動車やハイブリット車への切り替えは早くできればいいなとは思うものの、

ところで、どこで充電すればいいのかと充電ができるエリアの認知度と充電設備の普及が圧倒的に足りていないように感じます。

調査会社インテージによるとEV購入の際の不安点に8割の人が充電設備の不足を感じているようです。

充電設備の設置への法制度の問題や費用の問題等あるようですが…

設備設置への助成金の充実や総合施設等に普及することで充電時間中は買い物へうまく促すことで相乗効果をはかることもできないだろうか。

温暖化の原因をつくったのは人間であれば、当然温暖化対策を本気になって対策するべきなのも私たち一人ひとりだと感じます。

さあ、今日も元気に頑張ります。

 

材質 SECC 曲げ 溶接

お問い合わせCONTACT

TEL. 03-3741-8520 
FAX. 03-3741-7252

営業時間 8:00~17:00
定休日  土曜日 / 日曜日 / 祝日

※PDFファイルが閲覧出来ない場合はAdobe Raderをダウンロード下さい。