TEL 03-3741-8520
営業時間 8:00~17:00 / 定休日 土・日曜日、祝日

メールはこちら

TELメール

板金加工製品のご紹介

  • HOME
  • 板金加工製品のご紹介

当社の板金加工製品のご紹介

当社の板金加工製品のご紹介
材質 SECC / t=1.2
寸法 60 × 300
加工方法 板金加工、溶接
処理 塗装
用途 半導体装置ケース

本製品はタレパンで5つの部材を抜き、そこ面以外の4部材をベンダーで曲げていき接合します。
成形完了後に塗装を施して完成です。

当社の板金加工製品のご紹介
材質 A5052 / t=1.5
寸法 100 × 393.5
加工方法 板金加工
処理 アルマイト
用途 半導体装置部品

本製品はタレパンで抜き加工を行い、ベンダーで7工程の曲げを経て成形していきます。成形完了後にアルマイト処理を施して完成となります。

当社の板金加工製品のご紹介
材質 SUS304 / t=1.0
寸法 188 × 286
加工方法 板金加工、溶接
処理 黒色クロメート
用途 業務用工具箱

本製品はタレパンで3種類の部材を抜き、それぞれベンダーで曲げていきます。金具とケース本体を溶接で接合して成形完了となります。処理は黒クロメート処理を施しています。

当社の板金加工製品のご紹介
材質 SPCC / t=1.2
寸法 180 × 195
加工方法 板金加工、溶接
処理 アルマイト
用途 三価ユニクロ 、シルク印刷

本製品はタレパンで抜き加工を行い、ベンダーで7工程の曲げを経て成形していきます。成形完了後にアルマイト処理を施して完成となります。

当社の板金加工製品のご紹介
材質 SPCC / t=3.2 , t=1.6
寸法 60 × 310
加工方法 板金加工、溶接
処理 アルマイト
用途 建築金物

本製品は板厚3.2mmの本体と板厚1.6mmの金具をタレパンで抜き、それぞれベンダーで曲げていきます。TIG溶接で本体と金具を接合し、三価ユニクロメッキを施して完成となります。

当社の板金加工製品のご紹介
材質 SPG / t=0.8
寸法 90 × 325
加工方法 板金加工
処理 なし
用途 送風装置部品

本製品は母材となる亜鉛鋼板をタレパン網目になるように抜き、長辺2ヶ所をベンダーで曲げて完成となります。送風装置の部材として使用されています。

当社の板金加工製品のご紹介
材質 SPCC / t=1.6
寸法 170 × 195
加工方法 板金加工
処理 三価ユニクロ
用途 半導体装置部品

本製品はタレパンで本体と取付金具の2部材を抜き、それぞれ曲げていきます。曲げ加工後にM3のタップ加工を行います。曲げた金具を本体にスポット溶接で接合し、三価ユニクロメッキを施し、完成となります。

当社の板金加工製品のご紹介
材質 SUS430 / t=0.5
寸法 65 × 85
加工方法 板金加工
処理 なし
用途 業務用ネームプレート

本製品はタレパンで抜き加工を行い、3辺をベンダーで曲げていきます。曲げの寸法公差は難度の高い範囲で求められているため、通常の曲げ工程に比べて、テクニックが必要となります。

当社の板金加工製品のご紹介
材質 SUS430 (HL材) / t=1.0
寸法 150 × 238
加工方法 板金加工
処理 シルク印刷
用途 半導体装置部品

本製品はSUS430のヘアライン材を使用しています。タレパンで抜き加工を行い、両端の2ヶ所と中央付近をベンダーで曲げてL字に成形します。8ヶ所にボスを取り付け、シルク印刷を経て完成となります。

当社の板金加工製品のご紹介
材質 SPCC / t=2.6
寸法 250 × 250 × 320
加工方法 板金加工、溶接
処理 塗装
用途 防犯装置部材

本製品は土台となる正方形の板材と丸管を半自動溶接機で接合します。丸管にウエルドナットを接合して、塗装処理を施し、完成となります。商業施設で使用する防犯装置の部材となります。

当社の板金加工製品のご紹介
材質 SUS430 / t=1.0
寸法 70 × 100 × 135
加工方法 板金加工
処理 なし
用途 コインラッカー

本製品は4部材から構成されています。タレパンでそれぞれの部材を抜き、ベンダーで曲げていきます。部材をスポット溶接で接合して完成となります。ゲームセンターのコインラッカーとして使用されています。

当社の板金加工製品のご紹介
材質 SUS430 / t=1.0
寸法 40× 60 × 55
加工方法 板金加工
処理 なし
用途 動物実験器具

本製品は4部材から構成されています。ケース内部の部材はベンダーでR状に曲げて組み込まれています。スポット溶接で部材を接合して完成となります。本製品は動物実験を行う際の器具として使用されています。

当社の板金加工製品のご紹介
材質 A5052 / t=4.0
寸法 160 × 353
加工方法 板金加工
処理 アルマイト
用途 家具用部材

本製品はA5052(アルミ材)の4mmを使用しています。2部材から構成されており、溶接で接合しています。成形完了後にアルマイト処理を施し、完成となります。

当社の板金加工製品のご紹介
材質 SPCC / t=0.5
寸法 90 × 135 × 70
加工方法 板金加工
処理 三価ユニクロ、塗装
用途 半導体装置部品

本製品は0.5mmのSPCCをタレパンで抜き、ベンダーで8工程の曲げを経て成形していきます。本製品は曲げの工程が多い為、工程順序が重要なポイントとなります。成形後に角部をスポット溶接で接合します。

当社の板金加工製品のご紹介
材質 SECC / t=2.0
寸法 160× 160 × 15
加工方法 板金加工、溶接
処理 塗装
用途 鉄道設備部品

本製品は4部材から構成されています。ケース内部の部材はベンダーでR状に曲げて組み込まれています。スポット溶接で部材を接合して完成となります。本製品は動物実験を行う際の器具として使用されています。

当社の板金加工製品のご紹介
材質 A5052 / t=1.0
寸法 56× 86
加工方法 板金加工
処理 アルマイト
用途 放熱板

本製品は1mmのA5052(アルミ材)をタレパンで抜き、4面をベンダーで曲げで成形完了です。成形後に黒色アルマイト処理を施し完成となります。

当社の板金加工製品のご紹介
材質 SPCC / t=1.0
寸法 27 × 65
加工方法 板金加工
処理 三価クロメート
用途 自動車関連部品

本製品は1mmのSPCCをタレパンで抜き、自社製の簡易金型をベンダーに設置してR形状に曲げています。先端部にナットを取り付け、三価クロメートメッキを施し完成となります。

当社の板金加工製品のご紹介
材質 SECC / t=2.0 , t=3.2
寸法 200× 375
加工方法 板金加工、溶接
処理 塗装
用途 鉄道設備部品

本製品は本体となる2mmと金具となる3.2mmのSPCCをタレパンで抜き、本体4面をベンダーで曲げていきます。本体と金具をTIG溶接で接合し、塗装処理を施して完成となります。

当社の板金加工製品のご紹介
材質 SPCC / t=2.0
寸法 38 × 60
加工方法 板金加工
処理 三価ユニクロ
用途 建築金物

本製品は2mmのSPCCをタレパンで抜き、ベンダーでR形状に曲げていきます。処理は三価ユニクロメッキを施しています。建築現場で使用される金具として使用されています。

当社の板金加工製品のご紹介
材質 SPCC / t=2.0
寸法 35× 65
加工方法 板金加工
処理 三価ユニクロ
用途 建築金物

本製品は2mmのSPCCをタレパンで抜き、ベンダーで曲げていきます。三価ユニクロメッキ後に本体とフックボルトを組付けて完成となります。本製品は建築現場で使用する金具として使用されています。

当社の板金加工製品のご紹介
材質 SUS304 / t=2.0
寸法
加工方法 板金加工、溶接
処理 塗装
用途 防犯装置カバー

本製品は2mmのSUS304から部材をレーザーで抜きます。本体となる部分は三本ロールでR形状にしています。曲げた金具をTIG溶接で接合し、塗装処理を施して完成となります。

当社の板金加工製品のご紹介
材質 A5052 / t=1.5
寸法 50 × 40 × 40
加工方法 板金加工
処理 アルマイト
用途 タブレットスタンド

本製品は1.5mmのA5052(アルミ材)をタレパンで抜き、前面下部をR形状、後方部はヘミング曲げをそれぞれ行います。細かな曲げ加工を施しているのが特徴の製品となります。

当社の板金加工製品のご紹介
材質 A5052 / t=1.5
寸法 350 × 320 × 1020
加工方法 板金加工、溶接
処理 アルマイト
用途 タブレットスタンド

本製品はA5052(アルミ材)をタレパンで抜き、前面曲線部を三本ロールでR形状にしています。アルミ材なので軽量化されており、様々な場面で取り付けられるのが特長です。

当社の板金加工製品のご紹介
材質 SUS430 / t=1.0 , t=1.5
寸法 160 × 160 × 15
加工方法 板金加工、溶接
処理 なし
用途 動物実験用テーブル
本製品は1mmと1.5mmのSUS430をタレパンで抜き、それぞれ曲げていきます。底板と柱部と溶接し、天板はネジ止めします。柱下にキャスターを4つ取り付けて完成となります。